MIDI MENU

「宵待草【ギター版】」 / 多 忠亮
Yoimachi-gusa ( Guitar ) / Tadasuke Ohno


BGM

【   曲 名    】

【   作曲者名  】
【   作詞者名  】
【 データ作成者 】
【   データ形式  】
【   対応音源  】

「宵待草【ギター版】」
Yoimachi-gusa ( Guitar )
多 忠亮 ( Tadasuke Ohno )
詞なし
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

 多 忠亮(おおの ただすけ、1895年5月3日 - 1929年12月3日)は、東京生まれの日本のヴァイオリニスト兼作曲家。
宮内省式部職楽部所属の由緒ある雅楽の家柄に生まれたが、西洋音楽を目指し、ヴァイオリンを専攻して、東京音楽学校に入学する。
ちなみに、多(おおの)家は、古事記を編纂した太安万侶(多安万呂:おおの やすまろ)の子孫の家系とされ、先祖には平安期に伝統神楽の形式を定めた多自然麿を擁しており、代々皇室に仕える楽人家として多くの雅楽家を輩出した。

 「宵待草」は竹下夢二によって1912年6月1日付の雑誌「少女」(時事新報社)に発表され、翌13年11月、今の3行詩の形で絵入り小唄集「どんたく」(夢二の処女出版詩集:実業之日本社発行)に掲載された。
 この詩にほれ込んだ多 忠亮が曲を付けたもので、
竹下夢二の失恋の実話を主題にした悲しいこの曲は、当時一世を風靡した。
1番しかなかった歌詞に、後に西条八十が2番の歌詞を付け加えて、その後も大いに愛唱されてきた。

 大正時代のロマンな歌謡を、ギターで独奏してみましたが、どうでしょうか。
ご試聴をよろしくお願いします。

データ作成日:2015/07/18
データ公開日:2015/07/18
FileName : yoimachigusa.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2015
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since Jul. 18, 2015