MIDI MENU

「ワルツ第3番」 / A.バリオス
Vals No.3 / Agustin Barrios


BGM

【   曲 名    】

【   作曲者名  】
【 データ作成者 】
【   データ形式  】
【   対応音源  】

「ワルツ第3番」 
Vals No3.
A.バリオス ( Agustin Barrios )
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

 バリオスのワルツ第3番に取り組みました。 

バリオスに関しては、「大聖堂」のところで以下のように述べました。
===============================================================================
 A. Barrios ( 1885 〜 1944 )はパラグアイに生まれ、作曲家としてアメリカ大陸に広くギター音楽を普及させたギタリストです。
 ヨーロッパのサロン的洗練と気取りに対して、バリオスは繊細でロマンティックな音楽を追求したと評価されています。
 この大衆性に対して同時代のヨーロッパのギタリストであるセゴビアは彼を認めなかっただけでなく、個人的にも悪感情を抱いていたことは有名なことです。
最近では、セゴビアが貴族社会に迎合しスペイン王家から公爵位を授けられたのに対して、バリオスは純粋に音楽を求め、
庶民として貧しく生涯を送った吟遊詩人であるとの評価が定着しているようです。
===============================================================================
セゴビアの愛弟子であるジョンウイリアムズは師匠の存命中にはまったくバリオスの曲を扱うことはなかったが、セゴビア逝去の直後より、精力的にバリオスの曲を演奏し、広く世界に広めることに尽力しました。
多分ジョンは師匠のバリオスへの不当な仕打ちに対しての罪滅ぼしを、師匠に成り代わって行ってきたようにさえ感じさせます。

 バリオス以前のギタリスト兼作曲家はワルツに関しては、主として初心者向けの弾きやすい曲ばかりが作られてきてましたが、バリオスはワルツをコンサート曲として意識的に作曲しました。多分憧れのショパンのイメージが彼の心にあったのではないかと感じられます。

 バリオスのワルツは多くの人に愛奏されてきてますが、特にこの第3番と第4番が最も有名で、多くのギタリストに愛奏されています。

 多くの方々に聴いて頂き、出来れば感想をも頂ければ 幸いです。
 よろしくお願いします。

データ作成日:2015/01/29
データ公開日:2015/01/29
FileName : vals3.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2015
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since Jan. 29, 2015