MIDI MENU

「オリエンタル(スペイン舞曲第2番)【ギター版】」 / E.グラナドス
Oriental ( Danzas Espanola No.2, Guitar ) Op.37-2 / Enrique Granados


BGM

【   曲 名    】

【  作曲者   】
【 データ作成者】
【 データ形式  】
【 対応音源  】

「オリエンタル(スペイン舞曲第2番)【ギター版】」
Oriental ( Danzas Espanola No.2, GUitar ) Op.37-2
E.グラナドス ( Enrique Granados )
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

     

 世紀をまたいで、2曲目のグラナドスです。

 エンリケ・グラナドス・イ・カンピニャ (スペイン語: Enrique Granados y Campina, カタルーニャ語: Enric Granados i Campinaエンリク・グラナドス・イ・カンピニャ, 1867年 - 1916年 )は、スペインはカタルニア生まれのピアニスト兼作曲家。
 アルベニス、ファリャと並んでスペイン民族派に分類されている。いかにものスペイン民族色を前面に出しているアルベニスと比べると、民族色の上にロマン的色彩が濃く、ショパンやシューマンなどのロマン派に通じる繊細な甘美さが特徴であるといわれている。

  グラナドスの「スペイン舞曲」は以下の12曲からなる。
それぞれに付けられた副題は、すべて出版社の手によるものであり、グラナドスの意とは無関係である。
第1番 ガランテ(メヌエット) / Galante (Minuetto)
第2番 オリエンタル / Oriental
第3番 ファンダンゴ(サラバンド) / Fandango (Sarabanda)
第4番 ビリャネスカ / Villanesca
第5番 アンダルーサ(祈り) / Andaluza (Playera)
第6番 ホタ(ロンデーリャ・アラゴネーサ) / Jota (Rondella aragonesa)
第7番 バレンシアーナまたはカレセーラ / Valenciana o Calesera
第8番 サルダーニャ(アストゥリアーナ) / Sardana(Asturiana)
第9番 ロマンティカ(マズルカ)  / Romantica(Mazurka)
第10番 メランコリカ(悲しき舞曲) / Melancolica (Danza triste)
第11番 ボレロ(サンブラ) / Bolero (Zambra)
第12番 アラベスカ / Arabesca

 私がMIDIを始めたばかりの時(1997年)に第5番アンダルーサを手掛けている。今聴いて見ても、MIDI初級者としては、よくできていると思う。
http://www.guitarsound.net/elixir/htm/andaluza.htm

 今回の第2番オリエンタルは、第5番アンダルーサの軽快な舞曲とはまったく違って、ゆったりした繊細で甘美な曲想で、愛称のオリエンタルの雰囲気をもっています。スペインからみたオリエンタルとはもちろんイスラム圏のことです。
 前世期に仕上げたアンダルーサと聴き比べていただければ幸いです。

データ作成日:2015/04/24
データ公開日:2015/04/24
FileName : oriental.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2015
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since Apr. 24, 2015