MIDI MENU

メヌエット ニ長調(作品11-5) / F. ソル
Menuet in D Major Op.11-5 / Fernando Sor


BGM

【   曲 名    】

【  作曲者名 】
【 データ作成者】
【  データ形式 】
【 対応 音源 】

メヌエット ニ長調(作品11-5)
Menuet in D Major Op.11-5
F. ソル ( Fernando Sor )
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

 フェルナンド・ソル( 1778年〜1839年)はバルセロナのかなり裕福な家庭に生まれた。
ベートーヴェンと同世代。
ソル以前、ギターは居酒屋などで演奏されていた楽器に過ぎず、管弦楽用の楽器に比べると地位の低いものとみなされていた。
ソルはコンサート楽器としてのギターのための曲を最も書いた作曲家であり、彼によってコンサート楽器としてギターの地位が確立したと評価されている。
そのため、スペインではソルは「ギターのベートーヴェン」と評されている。
古典派的なものからロマン派的なものまで、多くのギター曲を世に遺した。
ギター曲を中心にして、オペラ曲、バレエ曲、声楽曲、管弦楽曲、室内楽曲など、ひろく作曲活動をした。

 メヌエットとは、フランスの民俗舞踊に由来し、後にヨーロッパ各地に広まったゆったりした3拍子の舞曲である。古くはローマ時代からあったが、バロック時代に形式が完成したもの。単独の場合も、組曲に組み入れられる場合もあり、後世にはソナタや交響曲の中の楽章にも取り入れられた。
ソルは多くのギターのためのメヌエットを後世に遺してくれている。その中の代表作のひとつ作品11の中から、第5番目のニ長調を選んだ。いかにもバロックの薫り高いシンプルなメヌエットである。ご試聴をよろしくお願いします。

データ作成日:2016/05/22
データ公開日:2016/05/22
FileName :menu11_5.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2016
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since May. 22, 2016