MIDI MENU

「マズルカ・ショーロ」 / H.ヴィラ=ロボス
Mazurka Choros / Heitor Villa=Lobos


BGM

【   曲 名    】

【   作曲者名  】
【 データ作成者 】
【   データ形式  】
【   対応音源  】

「マズルカ・ショーロ」 Mazurka Choros
H.ヴィラ=ロボス ( Heitor Villa=Lobos )
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

 「前奏曲第1番」につづいて2曲目のヴィラ=ロボスです。

 ヴィラ=ロボス( 1887/03/05-1959/11/17 )はリオデジャネイロ生まれのブラジルの作曲家です。幼いころは貧しかったようですが、ほぼ独学で音楽の勉強をして、後に国費留学生としてパリに留学するなどしたため、ブラジル民族音楽要素に西洋音楽を調和して新しい南米音楽を統合したと評価されています。
 ギタリストに評価の高い音楽家ですが、交響曲、協奏曲や室内楽、ピアノ曲など多岐にわたる作品を遺しています。彼の作品群の中でギター作品はわずかですが、5つの前奏曲と12の練習曲が有名です。

 今回の「マズルカ・ショーロ」は「ブラジル民謡組曲」の第1曲です。
ブラジル民謡組曲( Suite Popular Brasilerira )の構成は以下。
1. Mazurka - Choros マズルカ・ショーロ
2. Schottish - Choros エコセーズ・ショーロ
3. Valsa - Choros ワルツ・ショーロ
4.Gavota - Choros ガヴォット・ショーロ
5.Chorincho 小ショーロ
 すべてショーロ尽くしになっています。
ショーロとはブラジル民族の哀しみを表現する音楽です。語源は「泣き」。
 つまり、ヨーロッパのマズルカやワルツなどの舞曲をすべてブラジルの「泣き」で表現しようとする試みです。

 今回の「マズルカ・ショーロ」のMIDIづくりに当たって、ブラジルの泣きを背負ってポーランドのマズルカを演奏している気持ちでやってみましたが、どちらの概念も難しいです。 ご試聴くださって、ご感想を頂ければ幸いです。   

データ作成日:2015/03/03
データ公開日:2015/03/03
FileName : maz_choros.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2015
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since Mar. 03, 2015