MIDI MENU

「ゴヤのマハ(昔風スペイン歌曲集の第7番)【ギター版】」 / E.グラナドス
La Maja de Goya ( Tonadillas al estilo antiguo, No.7, GUitar ) / Enrique Granados


BGM

【   曲 名    】

【  作曲者   】
【 データ作成者】
【 データ形式  】
【 対応音源  】

「ゴヤのマハ(昔風スペイン歌曲集の第7番)【ギター版】」
La Maja de Goya( Tonadillas al estilo antiguo, No.7, GUitar )
E.グラナドス ( Enrique Granados )
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

     

 グラナドスの歌曲からのギター版です。

 エンリケ・グラナドス・イ・カンピニャ (スペイン語: Enrique Granados y Campina, カタルーニャ語: Enric Granados i Campinaエンリク・グラナドス・イ・カンピニャ, 1867年 - 1916年 )は、スペインはカタルニア生まれのピアニスト兼作曲家。
 アルベニス、ファリャと並んでスペイン民族派に分類されている。いかにものスペイン民族色を前面に出しているアルベニスと比べると、民族色の上にロマン的色彩が濃く、ショパンやシューマンなどのロマン派に通じる繊細な甘美さが特徴であるといわれている。

 今回の曲は、グラナドスの敬愛した画家のゴヤの絵画をモチーフにした曲です。
フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス(Francisco Jose de Goya y Lucientes、1746年3月30日 - 1828年4月16日)は、スペインの画家。ディエゴ・ベラスケスとともに、スペイン最大の画家。
 その中に有名なマハ(美女とか小粋な姐さんの意)の画が、以下のように2つあります。
裸のマハ(1797年-1800年頃、プラド美術館蔵)
着衣のマハ(1797年-1803年頃、プラド美術館蔵)
 裸のマハが本筋で、着衣のものはカモフラージュのために作成したとも言われているので、グラナドスの愛して、テーマに選んだゴヤの画は「裸のマハ」と思われる。

 もちろん原曲はピアノ曲で、ラローチャの演奏が特に有名であるが、リヨーベートをはじめ、多くのギタリストによってギター編曲、愛奏されてきている。
ご試聴くだされば幸いです。

データ作成日:2015/05/13
データ公開日:2015/05/13
FileName : majadegoya.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2015
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since May. 13, 2015