MIDI MENU

タルレガ賛歌 / ホアキン・トゥリーナ
Homenaje a Tarrega / Joaquin Turina


BGM

【   曲 名    】

【  作曲者名 】
【 データ作成者】
【  データ形式 】
【 対応 音源 】

タルレガ賛歌
Homenaje a Tarrega
ホアキン・トゥリーナ ( Joaquin Turina )
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

 ホアキン・トゥリーナ( Joaquin Turina, 1882年 - 1949年 )はスペインはセビーリャ生まれの作曲家・音楽教師。スペイン国内で音楽学を学んだあと、1905年からパリに留学し、多くの一流音楽家と出会い、多くの啓示を受けたらしい。特にドビュッシーやラヴェルなどの印象派音楽家とも知遇を得た。もちろん最も大きな影響はアルベニスから受けている。

 さて、北インドから出て小アジア〜ヨーロッパ各地に彷徨っているロマという民族があります。昔はジプシーとも呼ばれたこの人たちの多くは音楽的な才能に恵まれ、各地でその土地の大衆音楽に大きな影響を与えてきました。
 スペインのフラメンコ、イタリアのカンツォーネ、フランスのシャンソンなどがその代表です。
 このうち、スペインはアンダルシア地方に入って、そこに伝わる伝統民俗音楽と融合し、独特のスペイン民族音楽が出来ました。これをクラシック音楽に取り入れたのが、アルベニスやグラナドスなど、スペイン国民派と言われている音楽家です。
そして、彼らからこのスペイン国民派を引き継いだのが、ファリャとトゥリーナたちです。

 そして、今回選曲の「タルレガ賛歌」は、まさに、スペイン民族音楽モロダシのものです。したがって、タルレガ賛歌をいうより、「アルベニス賛歌」の間違いではないかとすら思える曲想です。
この曲は以下の2部からなります。
1.Garrotin
2.Soleares
どちらも、フラメンコを想起させる題名ですが、一応クラシック音楽です。

 いかにもスペイン魂の充満した曲ですので、好き嫌いがあると思いますが、私は好きです。ご試聴の上、ご感想をよろしくお願いします。

データ作成日:2015/10/15
データ公開日:2015/10/15
FileName :homenaje.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2015
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since Oct. 15, 2015