MIDI MENU

アリアと変奏 / ジローラモ・フレスコバルディ
Aria Detta La Frescobalda / Girolamo Frescobaldi


BGM

【   曲 名    】

【  作曲者名 】
【 データ作成者】
【  データ形式 】
【 対応 音源 】

アリアと変奏
Aria Detta La Frescobalda
ジローラモ・フレスコバルディ ( Girolamo Frescobaldi )
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

 バロック初期の曲に取り組みました。

 ジローラモ・フレスコバルディ( Girolamo Frescobaldi, 1583年 - 1643年 )は、イタリアはロマーニャ州のフェラーラ生まれの、初期バロック音楽の作曲家兼鍵盤楽器奏者。特に多くのバロック鍵盤楽曲(オルガンやチェンバロ)を遺している。
トッカータ、カプリッチョ、ファンタジア、カンツォーナ、リチェルカーレ、舞曲、変奏曲など、初期バロックの薫り高い作品群が今も多くの鍵盤奏者によって愛奏されてきている。当時広く普及していたリュートに関しての作曲は残念ながらひとつおない。
特筆すべきは、後世のバロック音楽家たちに与えた多大な影響があり、例えば大バッハもフレスコバルディから多くを学び、多大な影響を受けたと言われている。

 今回の選曲「アリアと変奏」は、単純な主題から3つの変奏が続き、フィナーレは再び元の主題にもどる変奏曲形式である。シンプルだが、いかにも初期バロックの薫り高い素晴らしい曲だと思う。原曲はもちろん鍵盤楽器のためのものだが、ギターにもよく合う曲である。ご試聴をよろしくお願いします。

データ作成日:2015/09/19
データ公開日:2015/09/19
FileName :frescobalda.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2015
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since Sep. 19, 2015