MIDI MENU

「コンドルは飛んでいく【フルート&ギター版】」 / D.A. ロブレス 
El Condor Pasa ( Flute & Guitar ) / D.A. Robles


BGM

【   曲 名    】

【   作曲者名  】
【   作詞者名  】
【 データ作成者 】
【   データ形式  】
【   対応音源  】

「コンドルは飛んでいく【フルート&ギター版】」
El Condor Pasa ( Flute & Guitar )
D.A.ロブレス ( Daniel Alomia Robles )
詞なし
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

 D.A.ロブレス( Daniel Alomia Robles 1871年 - 1942年 )はペルーはワヌコ生まれの作曲家兼音楽研究者。
 1892年に国立サンマルコス大学の医学部に入学するが、1894年に大学を辞め音楽の道に進んだ。南米各地の民謡を収集し、1910年にアンデス音楽の構造は五音音階であることを論文で発表した。1913年、サルスエラ『コンドルは飛んでいく』を作曲。この作品はリマで3000回以上上演された。

 この曲はペルー伝承の民俗音楽とされていますが、ロブレスがペルー伝承音楽の探索研究中にとある部落で聴いて採譜し、これを基にサルスエラ(スペイン風オペラの一種)の序曲として用いたので、彼の作曲といえる。
 その後多くの人々によって編曲演奏されてきているが、サイモン&ガーファンクルのそれが特に知られている。

 最近では、主としてフォルクローレのグループで演奏されることが多い。フォルクローレの編成は、ケーナ( and/or パンフルート)、チャランゴとギターの3人が基本である。

 今回、ロブレスのシンプルで素朴ななメロディを生かして、フルートとギターで演奏してみました。
チャランゴ風にギターでジャカジャカと弾くところは、実演は簡単だが、MIDI打ち込みでは大変でした。
 お聴きの上、ご感想をよろしくお願いします。

データ作成日:2015/03/13
データ公開日:2015/03/13
FileName : elcondor.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2015
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since Mar. 13, 2015