MIDI MENU

「精霊の踊り【フルート&ギター】」 / クリストフ・ヴィリバルト・グルック
Ballet des Champs-Elysees ( Flute & Guitar )/ Christoph Willibald Gluck


BGM

【   曲 名    】

【   作曲者名  】
【   作詞者名  】
【 データ作成者 】
【   データ形式  】
【   対応音源  】

「精霊の踊り【フルート&ギター】」
Ballet des Champs-Elysees ( Flute & Guitar )
クリストフ・ヴィリバルト・グルック ( Christoph Willibald Gluck )
詞なし
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

 クリストフ・ヴィリバルト・グルック( Christoph Willibald Gluck, 1714年7月2日 - 1787年11月15日)は現在のドイツに生まれ、現在のオーストリアとフランスで活躍したオペラの作曲家。
オペラの改革者として歴史に名を残す。
オペラの音楽の流れが台詞によって崩れるのを防ぐために、レチタティーヴォ・アッコンパニャート(recitativo accompagniato=伴奏付レチタティーヴォ)という、台詞のリズムや音程を指定したものにしようとしました。
 歌劇《オルフェオとエウリディーチェOrfeo ed Euridice 》の間奏曲「精霊の踊り」が最も有名である。

 今回は、この「精霊の踊り」の3部形式の中間部の短調部分をフルートとギターで演奏してみました。
曲自体が美しいので、それほど変化を付けずに、自然な流れでMIDIに打ち込みました。
 ご試聴をよろしくお願いします。

データ作成日:2015/07/02
データ公開日:2015/07/02
FileName : champs-elysees.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2015
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since Jul. 02, 2015