MIDI MENU

「カプリス第24番(作品1の24)【ギター版】」 / N. パガニーニ
Caprice No.24 ( Op.1-24, Guitar ) /N. Paganini


BGM

【   曲 名    】

【   作曲者名  】
【   作詞者名  】
【 データ作成者 】
【   データ形式  】
【   対応音源  】

「カプリス第24番(作品1の24)【ギター版】」
Caprice No.24 ( Op.1-24, Guitar )
N. パガニーニ ( N. Paganini )
詞なし
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

 ニコロ・パガニーニ( Niccolo Paganini, 1782年 - 1840年 )はイタリア生まれのヴァイオリニスト、ギタリスト兼作曲家。

 当時のヨーロッパ全体で、ヴァイオリンとギターの両方の演奏で、超絶技巧を持つ巨匠として評価されていた。
 特に後にロマン派の巨匠となるべきシューベルトやリストなどの青少年たちが、好んで競ってパガニーニの演奏を聴き、彼らの音楽に大きな影響を与えた。
特に20歳で失恋直後の傷心のリストが、彼の演奏に打たれて、「僕は頑張って、ピアノのパガニーニになってやる」と心に決めて、超絶技巧のピアノに立ち向かったという逸話も残っている。

 カプリス24曲(作品1)はヴァイオリンのための独奏曲で、あらゆる技巧を織り込み超絶技巧を身に着けさせよるための曲である。特に最後の第24番が超絶技巧曲として有名で、ギターに編曲されても、やはり難度の高い独奏曲である。

カプリス24曲(作品1)は、以下から成る。
1:アンダンテ
2:モデラート
3:ソステヌート〜プレスト
4:マエストーソ
5:アジタート
6:(アダージョ)
7:(指定記号無し)
8:マエストーソ
9:アレグレット
10:ヴィヴァーチェ
11:アンダンテ〜プレスト
12:アレグロ
13:アレグロ
14:モデラート
15:ポサート
16:プレスト
17:ソステヌート〜アンダンテ
18:コレンテ〜アレグロ
19:レント〜アレグロ・アッサイ
20:アレグレット
21:アモローゾ〜プレスト
22:マルカート
23:ポサート
24:クワジ・プレスト

 最後の第24番は短い主題と、その12個の変奏曲から成る「変奏曲」であり、この曲に関しては、多くの作曲者によって、以下のように、多くの編成に編曲されてきている。

パガニーニの主題による変奏曲 (ブラームス) - ヨハネス・ブラームスのピアノ独奏曲。
パガニーニの主題による変奏曲 (ブラッハー) - ボリス・ブラッハーの管弦楽曲。
パガニーニの主題による変奏曲 (ルトスワフスキ) - ヴィトルト・ルトスワフスキが2台ピアノのために作曲、のちピアノと管弦楽に編曲)。
パガニーニの主題による変奏曲 (ローゼンブラート) - アレクサンドル・ローゼンブラートの作品。
パガニーニの主題による変奏曲 (サイ) - ファジル・サイの作品。
パガニーニの主題による幻想変奏曲 - ジェイムズ・バーンズの吹奏楽曲。
パガニーニの主題による30の変奏曲 - 中野二郎のギター独奏曲。
題名は異なるが、同じ主題による変奏曲に以下のものがある。
パガニーニによる大練習曲 第6番 - フランツ・リストのピアノ独奏曲。
パガニーニの主題による狂詩曲 - セルゲイ・ラフマニノフの管弦楽とピアノ独奏のための作品。

 ヴァイオリンの難曲をギターに編曲してもやはり難曲であるが、これをMIDIにするのも、やはり難曲でした。
ご試聴の上、ご感想をよろしくお願いします。

データ作成日:2015/06/09
データ公開日:2015/06/09
FileName : caprice24.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2015
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since Jun. 09, 2015