MIDI MENU

「サラバンド・ドゥーブル(パルティータ第1番 BWV1002の第3曲)」 / J.S.バッハ
Sarabande・Double ( Partina No.1 BWV1002 ) /J.S.Bach


BGM

【   曲 名    】

【   作曲者名  】
【   作詞者名  】
【 データ作成者 】
【   データ形式  】
【   対応音源  】

「サラバンド・ドゥーブル(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番の第3曲)」
Sarabande・Double ( from Partina No.1 for Violin BWV 1002 )
J.S.バッハ ( J.S.Bach )
詞なし
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

 パルティータとは舞曲とその変奏の組曲のことで、バッハは3つのパルティータを遺しています。そのうちの第1番からです。

 パルティータ第1番ロ短調 BWV1002は4曲からなる。
4つの全ての舞曲の後半にそれぞれ、ドゥーブル(変奏)が置かれている。
1.Allemande - Double
2.Courante - Double. Presto
3.Sarabande - Double
4.Tempo di Bourree - Double

 今回はこの第3曲のサラバンド・ドゥーブルを選びました。
原曲はもちろん題名の通り、ヴァイオリンのための独奏曲ですが、古くからギター編曲でも愛奏されてきています。
原曲自体が非の打ち所がない完成された作品ですから、素直に演奏すれば、心地よく聴けると思います。
 ご試聴をよろしくお願いします。

データ作成日:2015/07/19
データ公開日:2015/07/19
FileName : bwv1002.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2015
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since Jul. 19, 2015