MIDI MENU

アラールの華麗なる練習曲 / F.タルレガ
Estudio Brillante / F.Tarrega


BGM

【   曲 名    】

【  作曲者名 】
【 データ作成者】
【  データ形式 】
【 対応 音源 】

アラールの華麗なる練習曲
Estudio Brillante
Francisco Tarrega
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

 フランシスコ タルレガ Francisco Tarrega (1852 - 1909 )は、ギタリストにとってはいわずと知れた「近代ギターの創始者」とか、ギター中興の祖などと言われている大御所である。
 スペインはビジャレアル出身で、幼いころの外傷により、両眼がかなり悪かったようで、そのために両親は幼いころから彼を音楽学校に入れた。最初の音楽教師エウゲニ・ルイスとマヌエル・ゴンサレスはいずれも盲人であった。
 父親はギタリストではなく、ピアニストにしたかったが、当時のギタリスト第一人者のフリアン・アルカスにギターの神童といわれたことから、ギターに一生をかける決断をした。
 10歳ごろから、両親の目を盗み、カフェやレストランのBGMとしてのギター奏者をしながら研鑽を積んだ。父親に見つかり何度も連れ戻されたが、1865年に家出し、バレンシアでロマの音楽一団に加わったり、弱視の身ながらあっぱれ破天荒な少年時代であった。
 1874年にマドリッド音楽院に進学。豪商アントニオ・カネサの援助のもとに、作曲をエミリオ・アリエータに師事。1870年代末までにギター教師として一人立ちし、多くの弟子を育てながら、定期演奏会も行い、しかも多くの楽曲を作曲するという精力的な生活をつづけた。

 古典的〜ロマン派的に至る多くのギター曲を作曲し、また多くの名曲をギターに編曲して後世に遺した。ギタリストにとってはなくてはならぬ存在である。 

 今回の「アラールの華麗なる練習曲」は、Jean-Delphin Alard ( 1815- 1888 )のヴァイオリン練習曲第2番をモチーフにして、ギター作品として作曲したものである。
一見すると、アルペジオの連続だけの容易な曲と思え、実際に中級者の課題にも取り上げられてきた曲であるが、本当は演奏の難易度はかなり高いと思う。なぜなら、この曲の肝は、流れるようなアルアイレのアルペジオの上に、アポヤンドで心をこめて鮮やかに弾かれるメロディラインを際立たせることにあり、主として m,i で引かれるアルペジオに対して、 a によるアポヤンドをしっかり聴かせる演奏が必要になる点で難易度は高いといえる。

 その点に関して、MIDI打ち込みでは、比較的簡単であったが、実演の難度も考慮して仕上げた。
ご試聴をよろしくお願いします。

データ作成日:2015/06/23
データ公開日:2015/06/23
FileName : brillante.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2015
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since Jan. 23, 2015