MIDI MENU

「アメリアの遺言」 / ミゲル・リョベット 
El Testament d'Amelia / Miguel Llobet


BGM

【   曲 名    】

【   作曲者名  】
【 データ作成者 】
【   データ形式  】
【   対応音源  】

「アメリアの遺言」 
El Testament d'Amelia
ミゲル・リョベット ( Miguel Llobet )
ELIXIR ( elixir@guitarsound.net )
.MID ( SMF / FORMAT 1 : TimeBase=480 )
SC-88/VL/ST/Pro/STPro( A-PORT only )対応音源のない方はMP3をお聴き下さい。

 ミゲル・リョベット(Miguel Llobet, 1878年10月18日 - 1938年2月22日)はカタルーニャはバルセロナ生まれのスペインのギタリスト・作曲家。
タレガの高弟でセゴビアの師匠に当たる。
演奏活動だけではなく、すでに普及しつつあったレコード録音を利用することで、多くの国際的な影響を与えた。そのことで、20世紀におけるクラシック・ギター音楽復興の偉大な立役者だという評価が定着しつつある。
多くのギター曲の作曲とともに、郷土カタルーニャに伝わる民謡の採譜とそれらをモチーフにした作曲が有名である。

 今回選んだのは。そのカタルーニャ民謡のひとつである「アメリアの遺言」である。

 昔カタルーニャのある所に国があり、そこにアメリアという姫がいました。このアメリアが迎えた夫に、父王の後妻である義母が横恋慕し、深い仲になり、邪魔なアメリアを殺害しようとした。
部屋のなでしこの花瓶にジワジワ効いてくる毒薬を入れて、アメリアはとうとう重症の身になり、今はのきわに遺言を遺します。恨みを込めた遺言がカタルーニャ民話と、この伝承曲として残ったものです。

 長い遺言の歌詞の最後の部分は以下です。

悪しき継母、そなたには
置いていきます、わが夫を
これからさきは意のままに
彼をば部屋に引き入れて
 邪魔もはいらぬことゆえに
 いつもお抱きになりまする
 ああ、なでしこの束ゆえに
 わらわの胸はつまります

こう言い残して息絶えた、ということです。

この恐ろしい民話に美しく悲しい曲があり、なんとカタルーニャでは、こういう恐ろしい歌を子守り歌として、子供を寝かしつけているということです。

ご試聴をよろしくお願いします。

データ作成日:2015/11/26
データ公開日:2015/11/26
FileName : amelia.mid


MIDI MENU

copyright 1998-2015
ELIXIR
All right reserved
Download ( click right button )
counter
since Nov. 26, 2015